陶房 青






寒くなりました :: 2017/11/13(Mon)

こんにちは

最近の中尾山は、20℃越えない日もあり、

寒い日が多くなりました。

お正月の干し柿もそろそろ準備され始めました。

IMG_1624_R.jpg

寒くなると、温かい料理を食べたくなりますが、

今回、青葉窯で鍋を制作しました。

秋陶めぐりでギャラリーに展示していましたが、

引き続き、展示室のみでの販売を致します。

≪鬼の鍋≫
FullSizeR (5)_R

FullSizeR (2)_R

≪兎の鍋≫
FullSizeR (4)_R

FullSizeR (3)_R

サイズは、直径15㎝×高さ8㎝です。

ギャラリーにお越しの際は、ぜひ手に取ってご覧くださいませ。
  1. 作品について
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


新作の器 :: 2016/09/12(Mon)

こんにちは(^-^)

少しずつ秋を感じられるようになりました

以前ホームページの『モノヅクリ』で紹介した”チタン結晶釉”が

本格的に商品化しました。

IMG_0821_R.jpg

今回は、飯碗・蕎麦猪口、5寸深皿を紹介したいと思います。

土物に、飛びカンナ(飯碗と蕎麦猪口)・一珍(5寸深皿)を施してチタン結晶釉をかけました。

IMG_0822_R.jpg
温かみのある飯碗と思ったので、秋らしい”キノコの炊き込みご飯”を

盛り付けてみました。

IMG_0823_R.jpg
蕎麦猪口は、小付け代わりに”カクテキ”を・・・

チタン結晶釉が柔らか味のある色なので、キムチの鮮やかな色が映えます。

IMG_0825_R.jpg
5寸深皿には、”サラダ”を盛り付けました。

白っぽいドレッシングとチタン結晶釉が合っているように思います。

新しい器に料理を盛り付けるのは楽しいですね
  1. 作品について
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


アンケート :: 2013/10/23(Wed)

こんにちは

秋陶めぐりもとうとう今週末に迫ってきました。

お食事の予約のご連絡をたくさん頂きありがとうございます。



秋陶めぐり当日、

アンケートにご協力をお願いしたくブログをアップしました。

吉村陶苑の若手と、波佐見で陶磁器作家活動をされているデザイナーの方と、

一つの企画に取り掛かっている最中で、

商品化までに辿り着けるかは分かりませんが、

皆様の率直なご意見を頂き、今後の参考にしたいと思っております。

DSC_0269.jpg

M.POTSの展示の一角に設置しておりますので、

何卒宜しくお願い致します。
  1. 作品について
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


春女苑(はるじおん) :: 2013/08/05(Mon)

さだまさしさんの歌に春女苑(はるじおん)というのがあります。

一つが二つ 二つが四つ 気付けばあなた

皆さんも聞かれた事があるかと思いますが、

この詞でたくさんの方が慰められたのではないでしょうか?


先日、お客様から突然メールが来ました。

「母の仏具を作ってほしい。母が好きだった青の器で・・・」

故人の方もよくうちへお見えになられていたので、

とてもショックでした。

私達よりもお若い方でした。

それでうちでよければと何点か作り、忌明けに送りました。

春女苑をイメージに、歌詞と絵を描いた手作りの本も添えて・・・

P1020863.jpg

気に入ってもらえたでしょうか?
  1. 作品について
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


春の訪れ :: 2011/02/03(Thu)

こんにちは

中尾山も昼間は少しだけ温かくなってきました

毎年いただく啓王桜(けいおうざくら)も花が咲きだしました

P1010774.jpg


今週は、青葉窯の商品を紹介したいと思います

この時期になると、展示会や春らしい商品の見本依頼などがきます

P1010767.jpg
鬼絵と桜

P1010770.jpg
うさぎと桜
       P1010772.jpg

どちらも青葉窯らしい華やかな絵柄になっています

桜陶祭の時に並べられると・・・と思っております

                    吉村伸也
  1. 作品について
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ