陶房 青






御見舞い申し上げます :: 2011/03/30(Wed)

3月11日の東日本地震に被災された方々には心より
御見舞い申し上げます。
地震、津波、原発の事故など、次々とおそいかかる災害に
ただただ啞然とするばかりです。
温かい食事をとり、暖かい布団で寝る事が出来る私達が、
御見舞い申し上げますなどと軽い言葉ですまされないような気がします。
私達に今出来ることは募金をつのり、被災地に送り届け、
一食でも温かい食事をとれるよう、最大限の支援をする事だと思っております。

私の知人も仙台で災害にあい、それまでの努力の結晶が一瞬のうちに消えうせ、
大きなショックを受けたようでした。
それでも時が経つにつれ、店の再建に向け、頑張るとの連絡があり、
人は強い者だと思いました。
又、テレビの画面で被災された酒造メーカーの社長の言葉と姿に
強く心がうたれました。
人たる者、男たる者、長たる者の気概と勇気を見ることができました。

幸いにして被災を免れた私達は元気いっぱい働き、被災地の復興が完了するまで、
ささやかな支援を継続する事が使命だと思っております。
生命、財産、かけがえのない思い出など、一瞬のうちになくされた方々には、
なぐさめの言葉もみあたりませんが、
私達はできるだけの協力は惜しみません。
一日でも早く心が癒される事を願っております。

                    吉村 聖吾
  1. ごあいさつ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ